英語の質問15「while」

中学単語であるwhile, during, for, among, between, など全て「~間」で訳するので学生はこんがらがっております。句と節の違いが分かれば大分解決するのですが、それまでに出てきては学生を悩ませます。まあ粘っていれば分かるようになるでしょう。

このうち「while」は「~する間に」と「~する一方」という意味でも出てくるのでこれまたややこしいです。そんなに覚えるのイヤだったら「~する間に」で無理やり全部訳したらいいやんと指示したりしますが、辞書を引くとやはり異なる意味として載っていました。英英と和英で同じだったのですが、

1~する間に(during the time that something is happening)

2~の間ずっと(all the time that something is happening)

3~なのに対して(used to emphize the difference between two situations, activities etc)

4~だけれども(in spite of the fact)

という感じです。文法書でも特に真新しい情報はなく、あえて挙げれば、3,4の意味のwhile節は主節の前にも後にもくるが、同じように使うwhen(~なのに)は主節の後にくるとのこと。

He claims to be a member of the royal family when in fact his family were immigrants.(彼は自分の家が実際は移民なのに王の一族であると主張する)

最後に語源辞典を見るとやっぱり期待を裏切らない。whileはquietと同根で(ワイのところかな)、元は休息時間の意味だったということです。tranquil「静かな」も見当たります。さらにquietを見るとcoy(恥ずかしそうにはにかんだ)と三重語とあります。ニ重語、三重語とは、私もよく分かっていませんが語源が全く同じで、遡るとお互いに簡単にたどり着けるくらいのことでしょう。

生徒がいない間にこんなことばっかりしています。

Follow me!

前の記事

正月特訓

次の記事

亜米利加人が来た11