今日の授業58

エドガー・ドガのバレリーナを描いた絵をすでに3つか4つほど見てきた小学生たちが一言、

「この人は他の画家と違って動きのあるものを題材にしている」

実は私、絵画に何の見識もありませんが、一度だけ印象派に関する本の読書会に参加したことがあります。その時の章がドガで、私はどうせならマネやルノワールの時に参加したかったと思っていますが、印象派の中でも異彩を放つ彼は、現場に足しげく通い(バレエ劇場)瞬間を捕らえて、家で描いたということが書かれていました。

ほんの時間潰しとして始めた絵画鑑賞ですが、塾で一番楽しい時間になっているようですし、感性を引き伸ばすなどという、理論付けできないところにタッチできているのではないかと思います。そして今後は浮世絵に手を付けようと画策中。何を目指しているのかこの塾。面白いことができております!

Follow me!