今日の授業

小学生が「ゴッホが見たい」だなどとリクエストしてたのを思い出して用意したのですが、そんなに反応もなく。小学生だなんてそんなもんですか、大人の方が過度に期待してしまうという。

今まで中学生に使っていた「くまのあたりまえ」という短編集を小学生に読んでもらっています。中学生は「まあ面白いんだけども子供っぽいんだよな」という反応で、失敗かと思っていましたがこれが小学生にはハマっているようです。

動物が主人公であるファンタジーと、しかしながらその動物たちがやってるのが人間の大人のような思考や行動であるのがうまく共感と成長体験を与えているのでしょう。その想像力や狙いすましは、児童文学作家をひとつのジャンルたらせるに足るものかは。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。