英語の質問01「-er」?「-or」?

生徒の英語の質問をこれでもかと答えるコーナーを始めます。第一回は「~する人」を作る接尾辞の「~er」(player、dancer、teacherなど)は「~or」(doctor、actorなど)の場合と違いがあるのか。誰とこの話をしたのか忘れましたが、characterがerかorが分からなくなると言ってましたが、私も常々そうなります。

語源辞典では「1動詞または名詞から種々の意味の動作主名詞を作る」「2(フランス語の)借入の名詞語尾」とあります。1はお馴染みのもの、2はcarpenter、borderなどがあり、characterもこれに含まれると考えられます。フランス語の動詞に「-re」で終わるものがたくさんあるような気がするので、またイギリスのスペルでは「-re」のままのものもあるので感じは掴めそうです。英和辞典は1の情報のみ。

では「-or」はどうかというと、「1動作、状態、せいしつを表すラテン語系名詞語尾、favor、honor、labour(イギリスではそれぞれ「-our」)」「2ラテン語起源の動詞(特に-ateの語尾を持つもの)から「~する人、物」の意を表す動作主名詞を作る、auditor、elevator」さらに併用される場合「-or」の方が法律的、専門的意義をもつことがある」とあります。

これを生徒にどう説明すればいいのか。「-or」の方がちょっと難しい単語に使われると言うと「actor」「sailor」は難しくないぞと言われそうだし、英語のヤマトコトバ(この言葉自体理解不能、私の専門用語、でも分かってほしい)っぽくない単語に付くと言ってもちんぷんかんぷんです。というわけで一個一個覚えましょう。「面積」と「成績」、「専門」と「訪問」みたいなもんです。

最後に英英辞典なんぞ引いても新情報は出てこないだろうと思ったら、「-ar」もあるぞよということでliar「ウソつき(lie)」が出てきました。さらには「何かに関係する形容詞になる、stellar(relating to stars)、polar(relating to the North or South pole)とのことです。

面白いと思う人だけが最後まで聞ける説明しかできませんね。授業では言わないことにします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

今日の授業35(9月7日)