高校生オンライン読書会12「自分の顔が好きですか」02

岩波ジュニア文庫「自分の顔が好きですか」の高校生オンライン読書会の2回目を先日行いました。ここで詳細な振り返りを毎回しているのですが、今回は中学生のテスト前で、塾長不在、大学生アシスタントに進行を任せて行ったので、残念ながら振り返ることが難しいです。ヘッドホンで高校生のプレゼンを聞いてはいたのですが、聞きながら中学生の数学を指導していました。高校生の議論のいいところで中学生が質問するので「もう!」となりながら(それではいけない)。

先に用意していた問いは「女が自分をよく見せることについてどう思うか」「男が自分をよく見せることについてどう思うか」でした。本の中身に化粧や整形手術のことが書かれていたので、「よく見せる」がそっちに向いていき、両性とも「個人の自由だから別に良い」となっていました。私の意図としてはわざわざ女と男を変えたのだから、別の意見が出てほしかったのですが、私は数学指導中、さらには大学生アシスタントも頑張っているので、口出ししませんでした。

ラスト30分で私参上し、もうちょっと深いところまで行ってもらいたく何か言いましたが、メモするのを忘れてます。今回のパートは私も先に読んでいたのですが、名刺代わりのように晒している自分の顔を人がどう見るか、さらにはそれを認識してどう見せるかを考えさせるものだと読めました。よって、「魅せる」というキーワードを出して、自分が得をする見せ方を探すことを伝えましたが、どうもこの会では私は出過ぎのような気もしています。

他に、言葉遣いや爽やかさでもって後輩へのアドバイスがよりよく伝わるなんて意見が出ましたが、これは良かったです。写真は記憶に残るのでいいように残したいとか、バレエの舞台メイクが思いっきり濃い、コーラスで感情込めて歌っているように見せるなどなど、今の生活の中でも実践できることがたくさんありました。

終わりには、「見せることとか考えたこともなかったので難しかった」「SNS等で見られることを直接感じる」「他人の目からは逃れられない」「中身をよく見せるのに外見が大切、バランスが難しい」「自分らしさが消えないようにしたい」などなどのコメントが出ました。10代だけでこのような会ができるのは本当に素晴らしいことだと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

今日の授業33(8月28日)

次の記事

今日の授業34(8月18日)