ポスティング

中小企業向けのチラシ作り講座で聞いたことですが、まずは商品・サービスの充実、次にネット、そして紙のチラシ、これらを丁寧にやることで地域に新しいサービスの選択肢を増やすことになるとのことです。

学習塾がこれを言うと、教育を商売にしているとか言われそうで、ヒヨコメンタルの私は営業活動を不自然と感じております。ですが、最近は特にオリジナル授業が増えてきて、地域の人の選択肢にのらないのはそれはそれで罪だなと思えるようにもなっています。不自然と思う感覚とは別の次元ですね。授業の個性についてはこのブログで紹介している通りです。

ちなみにネットでの広報を「空中戦」、チラシや体験入塾、説明会などを「地上戦」と呼ぶ人たちがいるようで、最近私がブログをこまめに更新しているのもそれを意識しているのかと、読者の皆様は納得できますね(何目線?)

そして今日は「空中戦」を行いました。天気に恵まれず、思ったようには配布できませんでしたが。前回などはひょうに降られましたし。ポスティングは私、これでも約15年のキャリアがあり、おもしろいアイデアの家、車、そして変わった名字などを発見しながら意外と楽しんでやっています。

15年のポスティングキャリア(あんまり誇れない)の中で、独身時代は23時、授業が終わってから行っていましたが、よく警察のパトロールに会いました。深夜2時に住宅街うろついてたらそうなりますよね。それで、「あんた何してんだ?」「塾のチラシ配っております、sir」「こんな時間に大変やなー」「あ、ひょっとしてお子さんいませんか?」「そういや孫が塾探してる」「それでは…」とパトカーで営業したこともありました。

というわけで、「テストや受験に対して付け焼き刃の対策だけに頼るのではなく、自分の意志で進路や勉強について考えることに重心を置いた緑青舎は、きっと君にとっての来るべき塾です!」という純粋に宣伝の記事でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

今日の授業23(6月17日)

次の記事

ポスティング02