今日の授業18(4月7日)

ついに緊急事態宣言が兵庫県に出され、とはいえ京阪神ではないので(姫路は播磨地域で兵庫県の西部)、立ち位置が非常に微妙ですが、学習塾も休業の対象となりました。本日
は宣言1日前の授業の様子をお送りします。

まず小5生は小島廣太郎著「クジラと少年の
海」、インドネシアのクジラを銛で狩る民族のお話。私は予習で読んでいるのですが、全然興味がなくて最後まで読めませんでした。しかし、分担することで、例えばクジラを沖で実際に捕まえるシーンや、船を造るシーンだけを集中して読むことができ、小学生の中でイメージが湧いているようでした。彼らはそれを語ろうとします。私は書かせたいのですが、書く前に語ってもらうことがこの年齢での順序かもしれません、っていいこと思い付きました。

中1生は「もしあなたが奴隷だったら」。アメリカの黒人奴隷の歴史が絵本になったものです。絵もサマリーと一緒に貼ってもらいましたが、こうするとよりイベント感があって面白かったです。(話の内容は面白いものではないです)「悪は社会によって善になりうることを想像せよ」みたいな力強い言葉が散りばめられており、私はこの年代がそれらを書き写すだけでも何かエネルギーを得るのではと希望的観測をしがちです。

みんなで集まって一緒の本を読んで、教えあう、こんな素敵なことがやりにくくなるこの時世がなんとなく憎いです。しかしながら必ず終息するので、その後はよりパワーアップしておかなければなりません。

Follow me!

前の記事

今日の授業17(3月30日)

次の記事

今日の授業19(4月15日)