墨西哥人が来た01

20代の女性3人組、お顔立ちも皆さんエキゾチックで美人。どこから来たかと問えば、「メキコ!」とのこと。地球の裏側メキシコからはるばるの訪日です。スペイン語の「x」はハ行の発音かと思っていましたが、彼女たちはしっかりカ行でメキコと言っておりました。

成田に到着してまず訪れたのが姫路城、よく分かってらっしゃる。3人のうち2人はよくしゃべる人で、舞妓体験がしたい、黒門市場(大阪)ってどう??、湯沢温泉はオススメか??などなどはじめての日本旅行に対しての期待と不安をたくさんぶつけられました。このような場合は、相手の予習に敬意を払って、「王道を外しておらず、しかもちょっとオリジナリティが見られて、センスがいいと思う」と付け加えます(実際は、彼らのような旅程を我々が立てることはないので分からない)。この旅行の計画にかなりのエネルギーを注いでいるはずなので、日本人からそう言われれば、非常に喜ばれるのは自明でしょう。

一番大人しかった彼女がたったひとつ尋ねた質問は、「多くの日本人がマスクをしている理由は??ファッションではないのか??」というもの。これに対しては、「日本人であれば予防、カラフルなマスクをしているのは韓国、台湾など外国人と思ってよし、日本人が白以外のマスクをしてたらあなたが言うようにファッションの要素があると思う」と答えました。まあまあ、こんな感じか。

fashion「型、流行」の語源に「fac」があり、makeやdoのニュアンスがある重要な語根です。fact「事実」は「行ったこと」で、本来語はdeed「行い」があり(本来語って何だ??)、有名なin factとindeed「(ともに)実は」は構成が全く同じ。factor「要因」、factory「工場」、feature「容貌、特徴」、old-fashioned「時代遅れ」などに当てはまりますが、fic、figとも関係があり、そうなるとfiction、figureとかに派生して書き尽くせません。またの機会に。

よくしゃべるうちのひとりが、「私のおじいちゃんのお父さんは日本人で、私のお母さんまでがミドルネームに「kishi」を持っていた」と教えてくれました。岸さんはよくある名前ですねと言うと、自分のルーツがここにあることを知って感動しているようでした。その話を聞くと、エキゾチックな彼女の顔立ちが何故か日本人のように見えてくるのでした。

Follow me!

前の記事

今日の授業03(1月23日)

次の記事

今日の授業04(1月28日)